プロフィール

Aya

Author:Aya
33歳の時バツイチの旦那と結婚。
旦那には3人の子供たちがいました。
それからベビ待ち4年2012年6月妊娠判明。
2013年1月25日に私にとって第一子となる女の子を出産。
そんなわが子と愛犬のことを綴っていきます。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
最新トラックバック
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ようこそ
成長記録
★お気に入り★
ブログ村
おすすめショッピング
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
|--/--| スポンサー広告| |
今日は、私の師匠にお線香をあげに行ってきました。

昨年9月22日に天国へ行ってしまいました。

すい臓癌でした。

10歳の時に弟子入りし、
もう一人のお父さんの様な存在でした。

私が病気のことを聞いたのは昨年の7月。

アコがお腹にいるのはわかっていましたが、
まだ安定期に入っておらず、
私の年齢も年齢だったため、
安定期に入るまで家族以外には
妊娠のことを伝えていませんでした。

安定期に入ってすぐ、
師匠が退院して自宅にいると聞いたので
電話で妊娠を報告しました。

すごーく喜んでくれたのを覚えています。

ホントは、自宅に伺って報告したいところでしたが、
負担になってもいけないかなと思って、
電話で伝えました。

この時が最後の会話になるとは
思ってもみませんでした。

歳は78歳でしたが、すっごく元気で、
日本中を飛び回っている人でした。

まだまだ元気でいてくれるはずって
勝手に思っていました。

たぶん本人もそのつもりだったはずです。

結局、その後容体が悪くなり、
9月22日に逝ってしまったのです。

師匠にアコを見せてあげたかった、
アコに師匠に会ってほしかった。

いまでも師匠を思うと、泣けてきます。

ってか、まだ逝ってしまったってことに
ピンと来てないんですけどね。

DSC04684.jpg

今日はお嫁に行った師匠の娘さんも来てくれました。

師匠のお仏壇の前でパチリ。

アコも一緒に手を合わせました。

あー、師匠に抱っこしてほしかったなぁ。

でも、きっと今日は私たちの近くに
来てくれてたと思うんですよ!!

だって、アコ、一点をジーっと見つめて、
「キャッ」って笑ったの。

師匠があやしてくれたんだと思うんですよね。

また会いに行こうね。


↓こちらをポチっとお願いします。
にほんブログ村 子育てブログ 2012年4月~13年3月生まれの子へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
|06/09| 4か月コメント(1)TB(0)
【】
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/06/10 15:12* * [ EDIT]












秘密にする

http://acoane.blog.fc2.com/tb.php/19-50643e60
この記事にトラックバック(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。